2014年06月

タイムスリップした週末

土曜日、G子に誘われて、あるコーラスサークルのコンサートへ行って来ました。
G子の娘さんも車椅子でご一緒しました。

私、歌うことはカラキシ駄目なのに、なぜか昔コーラスサークルに入っていたことがあるのです。
指導者のMN先生に「枯れ木も山の賑わい」と言われて、G子と一緒に歌っていました。
このMN先生は、一人親の私が、次男の事で途方に暮れている時に一方ならぬお世話になった方です。
すっかりお年を召されて、指揮をされるのはお疲れじゃないかと、後ろ姿を見ながら心配でした。
舞台上のメンバーの三分の一の方は当時のままでした。
共に子育てをし、荒れた中学をなんとかしようと奮闘した仲間たちです。
客席にも懐かしい顔がチラホラ・・・一緒に子育てに悩んだ仲間。
今は引っ越して、2時間3時間とかけて来た方もいらっしゃいました。

あの頃はみんな3・40代で、エネルギーに満ち溢れていて、一つの目標に向かって意見を闘わせ、行動し、苦悩し・・・良い時代でした。

終演後、ホールで交わす言葉はみな同じ
「いろいろ思い出してウルウルしちゃった」
そんな風にタイムスリップして気持ちを共有できる仲間がいる幸せを感じました。
そして「時が移ったんだな」と感じる一日でした。

********************************************

日曜日、いつものカメラマンのカフェで。

image

紫陽花の公園にて
IMGP7708

今 困っている事

母が亡くなって、面倒な手続きを弟が一手にやってくれている中、
「姉貴、頼む」
と言われた事が一つだけあります。

アメリカにある母の口座の閉鎖手続きです。
アメリカの銀行(バンクオブアメリカ=BOA)の口座に毎月約80ドルの振込があります。
母は年金だと言っていましたが、アメリカ大使館によると、母はアメリカ国の年金は貰っていないとの事。(母は日系二世で二重国籍でした)
では毎月の入金は何?
どうやったら止められるの?
調べるうちに、BOAの口座は父と母の共同名義になっていることに気付きました。
父は17年前に亡くなっています。
名義人が死亡したとわかると、口座は凍結されてしまうの?
10万円位しか残高はないのに、アメリカのやりかたで相続の手続き(プロベート、probate)をしなくてはならないの?
父も日系二世でしたが、戦争で日本の軍隊に入ったのでアメリカ国籍は失ったのです。
外国人だと考えれば、相続のことは考えなくてもいいのかな?

いろいろ調べているうちに、分からなくなって疲れました。

************************************************************

ちょっと一息。
image

我が家の近所の小さなスーパーは、時々ローカルなものを置いてあります。
鳥取県松江の柚子のお菓子
求肥に柚子を煉りこんだ柔らかな餅菓子
見た途端、どこか遠くへ行きたいな~って駆り立てられて買ってしまいました。
柚子ピール?が入っているようで、美味しかった ~旦o( ̄  ̄*)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

今年も菖蒲を見に

知り合いの個展を見に行きました。
ご夫婦で出品されていて微笑ましい。

6d34bda6

カミキリムシが飛んで来て、夏の風情を添えてくれました。

ぶらりと、そこから歩いて5分の菖蒲の公園へ。
途中は住宅街と農家が混ざった感じです。

IMGP7593


IMGP7605


去年も来たんだよね。母と
母と花を見た最後でした。

IMGP7597


夏を知らせるカンゾウの花

IMGP7610

ん。。。モデルさん、交代してほしい (^∧^) ゴメンゴメーン

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

やっと断捨離

半年くらいずっと仕事が忙しかった。
やっとそれが落ち着いて、毎日出歩きました。
今は出歩く事に疲れてしまって、家の片づけを始めました。

以前から断捨離しようと思ってはいても、なかなか腰が上がらなかったのですが、次男が使うスペースを空けるためにようやく始めました。

古い衣類。
私って、ほんとに物持ちがいい。
長男の小学校卒業式の為に買ったスーツ。
次男の中学校卒業時の謝恩会用に買ったラメの入ったジャケット。
昔の彼とデートした時に着た洋服。
肩パットが入っていたり、長年しまってあったので襟足が変色していたり・・・
勿体ないんだよね~ でもみんな捨て!

古本。
次男の子ども時代の漫画(シリーズの)や大学時代の難しそうな本。
亡き夫が残した本。(本好きだったの。だいぶ処分したけど、まだ残ってた)
私の写真雑誌。
その他いろいろで4000円になりました。

まだまだ捨てなきゃならないものが沢山。
使えるのに、申し訳なくて。。
しょうがないんだけど・・・

******************************

近所の農家の庭先で花を買って飾るのは、今の季節の楽しみです。

IMGP7560

玄関

image

リビング

image

キッチン

IMGP7570



にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

少しペースが掴めてきました

は~(溜息)
何をどう書いて良いのかわからずに日が過ぎる。

今月の初め頃、次男が我が家に戻って一緒に暮らすという話が降って湧いた。
表向きは「願ってもない」と言ってみたものの、正直なところ、気ままな一人暮らしが終ってしまう・・・と戸惑ったしがっかりもした。

次男とは私の再婚を機に別に暮らすようになり、5年ほど別々に暮らしたあと、また横浜で2人で3年位暮らした。
長男はしっかり者。それに比べ、次男はおっとりのんびりしている。そんな次男の雰囲気が私は好きだ。だから次男と暮らすのは楽しい。こんな時が再び訪れるとは思ってもいなかった。

Sさんと暮らそうと思って借りた一人暮らしには広すぎる家が、今になって役立っている。
Sさんの部屋になるはずだった部屋に次男が住んで4日目。
最初はペースが掴めなくて、どうなることかと思った。
気ままな暮らしが終ってみて、「なんて素敵な時間を送っていたんだろう!」と改めて気付く。
テレビを録画して見るのが大好きなんだけど、リビングを次男に占領されてテレビを見られない(アハハ)
好き嫌いが多い次男に合わせて、少しは炊事もしなくちゃならないしね。

次男は自営業で、特殊な仕事の仕方をしているので、生活がとても不規則だ。
朝、孫を保育園へ送って帰宅すると9時を廻っている。
それから次男と二人で朝食。洗濯したり(一人だと洗濯は5日に1回で済むが成人男性が一緒に住んでいるとそうはゆかない)、庭の植物に水をやったり、掃除をしたり(これも一人だと1週間に1度なのだけれど、二人だと倍以上汚れる気がする)なんとなく家事らしき事をして時が過ぎるのが不思議な感じだ。

一人暮らしも楽しいけれど、次男と二人もすごく楽しい~!楽しもう!
生活ぶりは追い追いブログに登場すると思う。

日曜日には孫を預かった。
今年は母の事に始まって、家族との関わりが多い年だなと思う。

image

日曜日の所沢航空記念公園。

image


おたまじゃくしを沢山捕まえました。
「あ~くん、いきてるオタマジャクシはじめて~」って。
触って、「ぷにゅぷにゅ してる」と喜んでいました。
いつもは折り紙のおたまじゃくしだけだったんですって。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

熊谷守一美術館

毎日のように都内へ出掛けています。

池袋で用をたした足で先日のNHK「日曜美術館」で見た「熊谷守一美術館」へ。

kumagai02

image

雨のしずくが踊り跳ねる♪
ここはアスファルトじゃなく、土の上♪
単純なのにリズミカルでとても楽しい~^^♪
守一は縁側でじ~っと庭を見ていたのかな~とその情景が目に浮かんでしまいます。

偉くなろうとか、お金を儲けようとか、上手い絵を描こうとか思わない、無欲な人だったそうです。
守一の言葉
「 上手なんてものは、ほら先が見えちまいますわ。行き先もちゃんと分かってますわね。下手なのはどうなるか分からない。 」

なんだか勇気もらえます。

今、家でヤマボウシの絵を描いています。
サラッと綺麗には描けなくて、何回も上から重ねてこねくり回しています。
透明水彩は色を重ねると、色が濁ってしまうし、水彩の良さが出ないかもしれないけれど、でもあ~でもない、こ~でもないと試してみようと思います。

浅草橋へも行きました。
用を済ませて通り過ぎただけだけど、文具、玩具、人形、アクセサリーパーツなどの問屋さんが並んでいて、なかなか面白そうな町でした。

image

image



image

庭のスカシユリ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

眼鏡を2本作りました

眼鏡を作りました。2本。
仕事が嫌になった理由の一つは、老眼で目が辛くなったからでした。
パソコンとサイドテーブル上の図面、その奥の壁に貼った図面、全てに焦点を合わせる事ができなくて、眼鏡を外して近づいたり、また掛けたり、壁ににじり寄ったりして苦戦していました。
何しろ図面の数字は1㎜位で、コピーなので滲んでいてとても見にくいのです。
最後に眼鏡を作って10年位経っているので、老眼だって進んで、度が合わなくなっていて当然です。
早く作れってですよね~(^○^)
というわけで、仕事専用と、普段使い(遠近両用)の2本作りました。
痛い出費~!(泣)
なのに、肝心の仕事用の方がどうも・・・
折角仕事に特化して作ったのに~ 普段用で全て間に合ってしまうのです。
その方がよく見えるってどういう事なんだろう(・・∂) アレ?
掛け心地の調整していただきがてら、聞いて来ようかなぁ。。

眼鏡屋さんは、以前から気になっていたジャズカフェ「スワン」の近くだったので、勇気を出して寄ってみました。
一人でジャズの店に入るのは、柄にもなくドキドキします(*^_^*)
下戸だからバータイムに行く勇気なんて、勿論ありません! (/ヘ ̄、)

image

image

image

客は私一人。なんだかソワソワしてしまいました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

九州の陶磁

都内に出掛ける用があったので、ついでに駒場にある「日本民芸館」に寄りました。
今日が最終日の「九州の陶磁展」

image
 
image

私は生まれは東京ですが、九州育ちです。
家は福岡で旅館を営んでいました。
展示を見ながら、幼い日に身の回りにあったものをぼんやりと思い出しました。
あ~こんなのあったあった。じいちゃんが薬を煎じる時に使ってた・・・とか。
当時は地味な色の土の器や、螺鈿細工の漆工芸品なんて、爺むさくて嫌いでしたが、良いものに囲まれて育ったんだな~と思います。
アメリカ帰りの母はアメリカが恋しくて恋しくて、何でもアメリカのものが最高で、日本の古いものを否定していましたから、私は折角の恵まれた環境から学べなくて勿体ないことをしました。
それでもきっと体に染みついているものがあるのでしょう。
九州の陶磁器は、私の心にしっくりと馴染みます。

駒場の民芸館はこじんまりしていて、展示物の撮影ができません。
私は松本の民芸館の方が好きだなぁ。

image

image

image


帰宅したらもう夜でした。
雨が降っているのに、朧月が出ていました。
庭にバックで車を入れると、ヘッドライトが向いの家の庭を照らします。
蒼い紫陽花の塊が大きく上下に首を振って、あれっ?と思いました。
見ると、梅の実がコロコロと転がってゆくところでした。
あ、紫陽花の上に落ちたのね。
思わずニッコリしながら、こんなとき素敵な俳句か短歌が詠めたらな~と思うのでした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • ローズカフェへ
  • 孫とポケモン
  • 孫とポケモン
  • 水彩画作品展
  • 水彩画作品展
  • 水彩画作品展
  • 小2の男の子
  • 小2の男の子
メッセージ
  • ライブドアブログ