2014年07月

機を逸する前に

蒸し蒸しな一日でした。

100円ショップから出ようと思ったらドシャ降り!

お店にいたのはたった5分だったのに。

image

折角、写真を撮ったので、今日はこれだけ(^▽^)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

息子の父親のはなし

次男のアパートへの往復の車中、子ども達の父親の話しになりました。
次男が小学2年生の時に私たちは離婚し、今から数年前に、渓流釣りに行ったままふるさとの山で亡くなった私の元夫です。

お父さんは結婚前何故あそこに住んでいたの?という質問から話しが始まりました。
お父さんは東北出身で、私たちは東京で出会ったのでした。
当時、彼は建築の職人でした。彼の職歴や、私たちの仲人さんの事から話が広がっての想い出話し。

まだ結婚する前にね、お父さんは仙台に2か月位出張していたの。 
そこにお母さんは一度だけ会いに行ったのよ。
立派な名前のホテルだったけど、蚕だなのようなベットの宿泊所だった。
お金がなくてね、パチンコ屋さんへ行って、私に落ちてる玉を拾って来いって言うのよ。で、20歳のお母さんはパチンコ打ってる人の足元に潜って、玉を拾い集めて、それでお父さんがパチンコ打って、やっと宿代とごはん代を作れたの。その日は、蚕だなのホテルに一部屋だけある和室に泊まれたのよ。

昼間は仙台から松島の方へ行く単線の電車に乗ったの。
あの鉄道、今はもう単線じゃないだろうけど、震災の時は津波でやられちゃったんだろうなぁ。
一番安い切符を買って、無人駅で降りたら、麦畑に風が渡ってとても綺麗だったんだよ。他人の畑の大根抜いて齧ったり、松ぼっくりを拾ったり、収穫終えたあずき畑で、小豆ってこんなふうに生るんだって教えてもらったり・・・お母さんは何にも知らない人だったから、お父さんの事を「すご~い!」って思ったの。
(悪い事してごめんなさい、でも40年以上前の事、許してください)

その時の切符と・・昔の切符ね、固くてバチンって鋏を入れてある・・・小豆と松ぼっくりをグラスに入れて、ずっと本棚の所に置いてあったんだけど、再婚するとき捨てちゃった~

次男:えっ?!覚えてるよ。まつぼっくりあったね。

私 : お父さんが生きていて、こんな話ができたら面白かっただろうね。

駅前の小さな店で菓子パンを買ったような気がします。そこにぶら下がっていたハエ取り紙を鮮明に覚えています。今の人はハエ取り紙なんて知らないのでしょうね。
忘れていても不思議じゃないような小さな記憶が、相手の中にも、何十年経ってもちゃんと残っていただろうと思うと、ちょっと嬉しいような、もう話せないけど話してみたかった不思議な気持ちです。

たまにはいつもと違う日記を書いてみたくなって、息子に語った思い出話しを書いてみました(*^^*)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

リズム滅茶苦茶な日々のプチ旅行気分

昨日午前3時まで仕事をしたら眠れなくなってしまって、夜が白む頃にシャワーを浴びたり、キッチンでゴソゴソやってからベットに入り・・・目が覚めたら正午でした。
保育園の送迎がないといっぺんに生活サイクルが崩れます。これが本来の私の姿・・・ あっという間に一日が終わってしまう。

日が暮れた頃、次男が
「使いたいファイルがない!あれがないと困る。。アパートの方かな」と言い出しました。
今までの住まいはまだ借りてあって、少しずつ片づけをしては荷物を運んでいるのです。
二人してアパートへ出掛け、荷物とゴミを満載して戻りました。これで7回目。次男はペーパードライバーなのです。
やっと部屋がほぼ空になりました。あとは私が運べない大物だけです。

今日はゴミを清掃工場に持ち込んで、いつもと違うルートで帰って来ました。
甘いものが食べたくて、喉も乾いたし、「氷が食べたい、かき氷、かき氷」とつぶやきながらの運転。
と、新しいカフェが。
寄ってみることにしました。

image

image

窓からの眺めです。
写真ではよくわからないけれど、畑の畦に向日葵が固まって咲いています。
台風を予感させる風に里芋の葉が揺れて、向こうに見える樹の中から、時々カラスの群れが飛び立ちます。
あぁ、旅行気分。

image

自家焙煎珈琲と手作りジェラート(ブルーベリーとマンゴー)で思いがけずのんびりしました。
とても気持ちが良かった。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

予約しちゃった

仕事をしております(^^)

孫と孫ママともう一人のおばあちゃんの3人は、明日から沖縄旅行です。
可哀相に台風の中に飛び込むような事になってしまいました。
きっと今、行くかどうか迷っている事と思います。

孫の初めての飛行機、初めての海はどんな事になってしまうのでしょう。

私はと言えば、孫がいない期間を利用して2・3泊の旅行をしたいとずっと以前から目論んでいたのです。
あ~それなのに~ 
仕事は今日で終わらせる予定ですが、ほかに外せない用事が一日おきに入ってしまって、なんだかとっても中途半端で、も~がっかりです。

予定を明けたままにしていると、またどんどん用が入ってしまうので、8月に1泊だけ宿を予約してしまいました。
こういうのはエイ!ヤーとやらないと、私はなかなか行動に移せずに日が過ぎます。
さて、キャンセルせずにちゃんと行けるでしょうか?
 
*********************************************************

IMGP7794


庭のトマト
他の枝の真っ赤に熟したのには蟻が群がっています
へぇ~ そんなにおいしいの?^^

IMGP7800


おいおい、虫さん、お花を食べないで 

IMGP7804


アップルミント
ミントティーにしてみたらあまり好きじゃありませんでした。
だから摘んでキッチンに飾ります^^

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

生活が変わってゆきます

去年、彼氏と別れて
春、母が亡くなって
先月、次男がやってきて
生活がすっかり変わってしまいました。

彼と田舎を歩いて足元の自然を見つけて喜んだり、素敵なカフェを探したり、毎週のようにそんな事をしていました。少し疲れるくらいに。
最近はあまりしなくなりました。
やりたいって気持ちだけで、なんとなく家にいます。

母がいる時は、少なくとも年2回は母を迎えに信州へ行きました。
送迎なので計4回行くことになります。
そしてその途中で寄り道をするのが楽しかった。
母がいなくなった弟の家へは、もう行かないかもしれません。
足の向くままのドライブも、余程意識的にしないとなくなるのでしょうね。

日曜日に孫と「アナと雪の女王」を見て来ました。
美しい映画でした。
その日、孫は我が家にお泊り。翌月曜日はばぁばの家から保育園へ直行でした。
朝、目覚めて、布団の上でしばらく孫と戯れてから朝食の準備をしていると、孫は階段をトコトコ昇って次男の部屋へ。
見に行くと、布団にくるまった次男に、孫が馬乗りになって喜んでいます。
いつもパパにそうやっているんでしょうね。
次男は眠そうに、ククククッと苦笑い。
こんな光景を見るなんて、想像もしていませんでした。
今まで長男と次男はあまり交流がなかったので、とても不思議なものを見た気持ち (*^_^*)

*************************************

先週、お遣い物を買いに和菓子屋さんへ行ったついでに、自分にも一つだけ買いました。

image


「蛍」 6月の和菓子かな。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 水彩画「夏の花」2点
  • 水彩画「夏の花」2点
  • 網走から旭川へ
  • 釧路川源流カヌー下りの日
  • 生葉染め
  • 生葉染め
  • ひまわりの約束
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
メッセージ
  • ライブドアブログ