2014年12月

年の瀬

のんびりの年末です。
特別な事は何もしないつもり。
今日は保育園の送迎もないので、久し振りに朝寝坊しました。
寝坊出来る日が待ち遠しいなんて幸せです。
私は毎日寝坊できるとダレてしまいます。

先日、友人と病院に展示されている絵画展を見に行きました。
救世軍清瀬病院のSAxSYNAPSE大賞 絵画作品展
病院に来院される方々に精神的な癒しと共感を感じていただき、そして作家さんに生活の場での展示の機会を提供することが趣旨のようです。

image

image

この病院にはホスピス病棟があります。
ずっと以前に、短い間でしたがここのホスピスでボランティアをしていた事があります。
私はキリスト教徒ではありませんが、中学生までは信者になりたいと思って一生懸命だったので、今でも一番違和感なく入れるのかもしれません。
癌になった時には、ここのホスピスの入院案内をお守りのように持って手術に臨みました。
夫が亡くなった時、悲しみをこらえきれずに、ホスピスに飛び込んで話しを聞いて頂いたこともあります。
横を通ったらたまらなくなって門をくぐってしまったのですが、見ず知らずな者の突然の訪問にも関わらず、優しく温かく慰めていただき救われました。

ボランティアをしたいしたいと言いながら、なんにもしていない私です。
来年はささやかでも一歩を踏み出せますように。(書くことで自分にプレッシャーかけてますが・・・^^);

みなさま、2014年はありがとうございました。
良い年をお迎えください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

「ストックホルムでワルツを」


先週の事、骨董市へ一緒に行った友人に勧められた映画「ストックホルムでワルツを」を観て来ました。
保育園へ孫を送った後、車を長男の駐車場に置かせてもらって新宿へ。
開演30分前に着いたのにすでに行列ができていて、80数席はほぼ満席でした。


スウェーデン郊外の田舎町で両親と5歳になる娘と暮らしながら、昼は電話交換手として働き、時折ジャズ・シンガーとしてステージに立つシングルマザー、モニカ・ゼタールンドが、ジャズピアニストの神様ビル・エヴァンスとの共演を実現するまでのサクセスストーリーです。


でもそこに至るまでには、人と人が織りなす美醜様々なドラマがあります。
映画はハッピーエンドでめでたしめでたしでしたが、実際にはモニカは晩年、酷い脊柱側彎症のため車椅子の生活を余儀なくされ、69才の時に自宅マンションにて発生した火災で悲劇的な死を遂げたのだそうです。
モニカの生きざまに想いを馳せるにつけ、人はいろんな矛盾を抱えながらも必死に生きて行く愛しい存在だと思いました。

スクリーンには1960年頃のファッション、インテリア、雑貨、町並み、車や電車・・・たたずまいもですが、色が素晴らしい!コクがある色合いが郷愁を誘いうっとりしました。
次々と繰り広げられる映像とジャズに包まれて素敵な時間でした。

新宿でのランチにはいつも困ります。
飲食店は沢山あるのに、入りたいと思う店がないのです。
今回は居酒屋のランチで焼きサバ定食500円。

image


入り口で食券を買い、お盆を持って、ご飯とみそ汁を乗せると、おかずと生卵を店員さんが乗せてくれました。
なんだか勝手がわからなくて・・・
お勤め人らしき男や女が、皆一様に黙ってお盆を胸の高さに抱えてクルクルと細い通路を動いている様は、ネジじかけのからくり人形を見るようでシュールな空間でした。

新宿へ出たついでに写真展の梯子をして帰宅しました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今年最後の水彩画 

b0129807_17375994

夏、熱海伊豆山温泉へ行った時に寄った福浦漁港の写真を見ながら描きました。
ドラマティックな雲を描きたかったのだけれど、イマイチです。
いじり過ぎてつまらなくなっていると同時に、描き足りなさも感じています。
私はどんな絵を描きたいのかな。よくわからない。
今の先生の感覚はとても気に入っているので、描いているうちに見えて来ると信じて来年もがんばろう!^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

浦和 調(つき)神社の骨董市

骨董好きの友人を誘って、浦和にある調(つき)神社の骨董市へ行って来ました。
「ツキ」を「月」 にかけて、狛犬ならぬコマウサギがいる神社として有名です。

image

車を停めたコインパーキングから神社まで、ほんの少し歩いた中山道は、いにしえの面影をほんのり残していて、とても良い町に思えました。昔からある町歩きは楽しめます。

骨董市の会場は冬日を受けて明るく開放的でした。

image

image

image

時の流れを秘めた品々を眺めているだけで楽しいです。
時々店主さんと言葉を交わし、友人のアンテナに引っかかった品を鑑賞しながらブラブラと歩きました。

そして我が家へ持ち帰ったのは萩焼の急須と、面白い絵付けの湯のみ。

image

何年か前に益子で買ったお気に入りの急須を、母が直火にかけてヒビを入れてしまったので、新しい急須が欲しかったのです。 友人に値切ってもらって、急須3000円→2500円、湯のみ1200円→1000円。安くはないけれど、好きな物に囲まれていたいので大切に使います。

昼食に食べた天ぷら定食が素晴らしく美味しかった!
海老2本、きす、かぼちゃ、いんげん、なす。カウンターに座って、70過ぎと思われる親父さんが揚げたてを一つずつ目の前の皿に載せてくれます。溶いた衣が入っているのは伊万里の大鉢。職人の手際よさと、給仕してくださる奥様の気配りが絶妙の呼吸でした。

帰路の寄り道は荒川河川敷の秋ヶ瀬公園。

image

冬枯れの葦原から、姿は見えない野鳥の鳴き声が賑やかに聞こえました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

また柚子ジャムを煮ながら

これと言って、とりたてて書くほどのこともなく平穏な日を送っています。

えっと、いつのことだったかな、しとしと雨が降った寒い日、またまた柚子ジャムを煮ました。
はす向かいに蔵のある広い敷地のお宅があります。そのお宅の門前に時々柚子が段ボールに入れられて3~4個100円で出されています。今年は遠くまで買いに行くことなく、そこの柚子で間に合いました。
全部で4㎏煮ましたから、これで来年の夏まで食べられそう *^-^*

image

スーパーの柚子じゃないので、汚れた所を削ってあります。
4回も煮こぼして、それから1時間煮て、果汁と砂糖を加えてさらに30分位コトコトと煮ます。
煮ている間に、ちょっとイタズラ描きをしました。

image

孫が描いた絵に色を付けてみました。
右側にこまごま描いてあるのは、ケーキさん、お皿さん、大根さん、ごぼうさん、コップさん、フォークさん、桃さん、葡萄さん、スプーンさん、とうふさん・・・
かわいくて。。。婆バカです(>_<) スミマセン
自分の子ども達の時に、こんな事をしたいと思っていたのです。でもその頃は気持ちにも時間にもゆとりがなくてね、今やっとしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日の窓辺

風が強いけれど天気が良い。
どこかへ行きたい気持ちを抑えて、午後配達される宅急便を待ちながら録画した日曜美術館「響き合う絵と詩~竹久夢二の大正ロマン~」を見ていました。
窓から入る朝陽が透き通っていて綺麗です。

image

春の夜の
青き窓かけゆれやまず
君ならざれば はるのといきか

image

image

image

image

image

image

心いそいそ飛石づたひ
今帯締めて ゆくわいなあ

image

河原で拾った石に 孫が顔を描きました

image

銀杏の葉とギンナン 孫からのプレゼント

遠のいていた学生時代の友人から電話がありました。
もう交流が途絶えちゃうのかなぁ・・・
と、ちょっぴり淋しく思っていたから嬉しかった。
年が明けたら会えるかも(*^^)v

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

忘年会

アトリエの一品持ち寄り忘年会でした。
曜日が違う方や、クロッキーにだけいらっしゃる方と交流する場が今までなかったので楽しみにしていました。
私は昨夜焼いたチョコレートケーキを持参。
出来はイマイチだったけど、次回リベンジすることにして、ま、いいっか。
盛り付けだけはイッチョマエ(#^^#)

image

お料理が沢山!

image

たまたま先生の隣りの席だったので、いい話しを沢山聞けて得した気分でした。

飲み物や紙皿や、温かいものをとカップスープまで準備してくださったのは、きっと先生だと思います。
みんながお喋りに夢中になりながらムシャムシャ食べている時に、先生はホストみたいに動き回っていらっしゃいました。
その上、みんなにプレゼントまで。
会費1000円じゃ足が出たのじゃないかと心配になってしまいました。
まずあみだくじでクジを引く順番を決めます。

image

それから箱の中のクジを引きます。

image

カレンダーが当たりました。
とっても嬉しい!

image

image

他の方へのプレゼントは、額入りの先生の絵、展覧会へ行っては買い求めたポストカード、奥様作のオブジェ、小物入れにもなるカレンダーなど。先生のお好きなものがいろいろ。
心が篭ったセレクトで、あぁ、いい先生だな~ってしみじみ思いました。

実は今日は私の誕生日。62才です(*‘∀‘)
12月生まれが4人もいて、みんなでお祝いしました。
残ったお料理を少しいただいて帰って、今夜は一人バースデー晩餐。
でもね、寂しくないよ~
満たされているんだと思います。幸せです。感謝感謝!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

勉強になりました

深川の撮影会から一週間が経ちました。
初めて自分で写真をA4にプリントしました。可笑しいですが、今までなんとなくビビッていて写真屋さんに頼んでプリントしていました。六つ切りとかになると高くて~!これからは自分でやれます(*^^)v

新宿での講評会に参加しました。同じ町を歩いても、こんなに撮り方が違うのかと思う程、それぞれ作風が違っていて新鮮でした。心を動かすポイントが人によって随分違うのですね。特にフワッとした空気感を優しい雰囲気で捉えた方がいらして、私にはないものなので印象的でした。~なんて書いたって言葉では伝わらないですよね^^

前から変だなと思っていたのですが、撮影会当日カメラの調子が悪くて、一緒に歩いていたメーカーの方に見ていただいたらやっぱり故障のようです。一度大々的に修理している10年以上前のカメラです。デジカメの進歩は目覚ましいので、今のカメラはとても性能が良くなっています。私を楽しませ、支えてもくれたカメラですが、もう買い換えようと思います。講評会の日にはショールームのカメラをいじらせてもらって、少し説明も受けて・・・でもカメラを買う基準が良くわからないです。みんなどうやって決めるんだろうなんて、20年近くも趣味でカメラをやっているのに未だにわからない・・・(^^汗)

image

image

クリスマスムードの新宿を急ぎ足で後にし、次は地元での写真倶楽部へ。
今回は遅刻。作品は持参せずにみなさんのを見せていただくだけでした。
散会後、先輩諸氏と6人でファミレスへ。カメラの事、レンズの事をいろいろ教えていただきました。
みんな親切にしてくださいます。
閉会時の会長さんのご挨拶の中に「みなさん、体が動くうちに・・・」なんて言葉があったアラセブン写真倶楽部。次世代を担う若手として大切にしていただいているのかな(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 今週の水彩画
  • 今週の水彩画
  • 柚子の葉で草木染め
  • Via Francigenaに向けて
  • Via Francigenaに向けて
  • 飛行機と雪の日の散歩
  • 飛行機と雪の日の散歩
  • 飛行機と雪の日の散歩
  • 飛行機と雪の日の散歩
  • 飛行機と雪の日の散歩
  • 飛行機と雪の日の散歩
  • 飛行機と雪の日の散歩
  • 飛行機と雪の日の散歩
  • 今日のウォーキング
  • 茜に染まる空と湖
メッセージ
  • ライブドアブログ