2015年03月

逗子の骨董市&葉山の美術館

もしかしたら、脳の手術を受けることになるかもしれません。
まだ詳しい検査も終わってないのに、ここに書くのは時期尚早かとも思いましたが、どうなるか判らないというこのなんとも宙ぶらりんな気持ちを書きたくなりました。
先生の口振りだと、開頭手術かな。
怖いな。
何が怖い?って、手術を境に生活が変わるのではないか・・・「変わらないように手術するんだよ」って言われたけど。
まだ決まってないのにね、悪い事をイメージして、そうなった時にうろたえないように、と思う習性があるんです。

今までみたいに好き勝手に飛び回れなくなるかもしれない・・・
そう思うと、今の内にやりたいことをやっておこう!と憑かれたように実家に泊まって、土曜日は逗子の亀岡八幡宮での骨董市へ行ってきました。
小規模ながら面白かった!
一つだけ買いものしました。それはまた次の機会に。

image

そして、神奈川県立近代美術館葉山館 「金山康喜のパリ」展へ。

image

image

image

先日の日曜美術館で紹介されていたので、骨董市とセットで訪れたいと狙っていたのです。
ものすごく良かった!たっぷり刺激を受けました。
私は、チケットの「アイロンのある静物」が一番気に入りました。

image

美術館裏に相模湾を望む庭園があります。
小雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、風が気持ち良かった。
三浦半島は明るい穏やかなイメージで大好きです。
実家があるうちにまた行けるといいな。

お昼を食べた中華やさんの前に、以前から聞いていた自家焙煎の珈琲屋「きりぎりす」を見つけて、久し振りにコーヒー豆を200グラム買いました。いつもはスーパーの安いのなんです。
車の中がとってもいい香り^^
去年、コーヒーに凝ってみようかと模索したのですが、なんだか良くわからなくて挫折。。
「きりぎりす」ではコーヒー教室もやっているようなので、興味あるんだけど、逗子は遠い~
明朝のコーヒーが楽しみです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

花を描く

b0129807_18103446


久し振りにモチーフを描いてみました。
相変わらずイマイチ。
アトリエから帰って筆を加えようかとも思いましたが、花も葉もどちらも枯れかけだったのでやめました。
頭の中で、もっとああすれば良くなる?こうすれば良くなる?と考えています。


今、最高に幸せなんだけどな。
これがずっと続くなんて、そうは問屋が卸さないかな?
不安。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

学生時代の友人Rと

明け方まで仕事をした日、ベットに入って眠気で朦朧とした頭で考えたこと・・・

「あれ?Rと(卒業した)学校の周りの想い出散歩しようって言ってたの、どうしたっけ?歩いたような、歩いていないような・・・思い出せない・・・」

そんな事を考えながら眠りに墜ちてゆきました。
5時間程眠って、枕元のスマホを見ると、Rからのメールが届いていました。
「思い出散歩 来週月曜日にいかがですか?」
あ~、まだお散歩していなかったんだぁ。ボケて忘れていたんじゃなくて良かった~^^
それにしてもなんというシンクロニシティ!

月曜日にRと一緒に、駅から学校までの道を辿りました。学生達が「ささやきの小道」と呼んでいた、玉川上水に添った遊歩道です。昔、大木の根がボコボコ出た道を課題の大きなパネルを抱えて走ったものです。
大学は入試シーズンで学生は誰もおらずひっそりとしていました。

image

Rと私は専攻は違っていましたが、学内のサークル「劇団○○○」で知り合いました。そして1年生の時、私は女子寮の112号室、Rは212号室。劇団の同じ人を好きになって、一緒に彼の部屋に遊びに行ったりしてました。今思うととっても変?!(^艸^)

劇団の部小屋(ぶごや)があった場所は陶房になっており、壁沿いに薪が積んでありました。
「羨ましいね、工芸やりたかったね、でも当時はわかってなかったものね。」
「宮本(常一)先生の講義受けてたんだ。勿体ないことした。もっと真面目にやっておけば良かった」
「民俗学でしょ?私も受けたよ。夏休みのレポートで~~な事出した」

たっぷり思い出にひったった帰りに、当時からあった駅前のケーキやさんでお茶しました。

Rは来月、関東から新潟の雪深い町に引っ越します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

梅追い人

少し遠出の梅探しドライブをして気付いた事は、我が家の周りが一番のどかだわ~ということでした。
すごい田舎ではないです。東京の片隅ですから、やっぱりどこか都会の匂いがする町です。
我が家の玄関を出て左右を見渡すと、お向いさんやお隣さん、筋向いさん、少し離れた畑の隅など10本ほどの白梅紅梅が見えます。
数歩移動するともっと見えます。灯台下暗しでした。
そこで、カメラを持ってご近所散歩をしました。
いろいろ撮ったけど、よそのお宅を載せるのははばかられるので、梅畑を。

DSC00592 (1)

点在している梅畑が年々住宅地に造成されています。ここもそのうち無くなるかも・・・

DSC00588

DSC00578 (1)

鳥居と小さな祠があって、手入れをされていない野趣溢れる枝ぶりの梅がひっそりと咲き誇っていました。

土日は孫を預かりました。
やっと雨が上がったので、キックスクーターを持って公園へ。
今日もばぁばはクタクタです(^^);

image

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

早春を満喫!

ドタバタと過ごしているうちに、気付いたらいつの間にか梅が満開です。
目には入っていたのに、気持ちに入ってきていませんでした。
梅景色をゆっくり味わいたくて、また高麗(こま)へドライブしてきました。

image

山はまだまだ冬の色。

IMGP0608

紫陽花の土手、桜並木の向こうは

IMGP0614 (1)

秋に曼珠沙華が咲き乱れるエリアに梅林があります。
さらにその向こうが高麗川です。

IMGP0635 (1)

IMGP0636 (1)

魚を捕まえました。

image

ランチは大豆料理のビュッフェ。夏の間お休みしていたランチビュッフェが再開されていました。

そして隣りの農産物直売所で切り花を買いました。

image

食後のコーヒーは初めてのカフェ、「日月堂」さんへ。
とっても素敵なお店!

image

image

テラスからの眺めです。

IMGP0671 (1)

コーヒーおいしかった!

image

2階にはさらに面白い空間がありました。かなり広いのですが、お客さんがいらしたので片隅だけ撮らせていただきました。
とても居心地の良さそうな隠れ家です。

image

もっと近かったら常連さんになりたいカフェでした。

image

image

我が家の玄関です。
こんな風に季節の花があると、背筋がシャンとして気持ちがフレッシュになります。
ネコヤナギは一か月前から飾ってある枝、梅とサンシュユ(黄色い花木)で270円、雪柳210円。お安く楽しんでいます(^▽^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

脳ドック

物忘れの激しさから脳の状態が気になって、かねてからの懸案だった脳ドックを受けました。
受診したのは長男を出産した総合病院です。33歳の時にはそこで卵巣嚢腫の手術も受けています。
すっかり大きな病院になって、成長した息子を見る気分でした(変だよね^^)

病院の中にある健診センターは、ゆったりしたスペースに大勢のスタッフがいて、静かに丁寧に接客(まさにそんな感じ)してくれます。素敵なソファにオシャレなクッション、美しく並べられた雑誌、ドリンクバー、大きなテレビ(音声は極小で、音声を字幕で表示してある)。
まるで会員制のサロンみたい(そんなものは知らないけれど)
採血が済んだあとの検査と検査の間の待ち時間には、コーヒーやお茶を頂きながら、優雅にお料理本を眺め、時々テレビに目を移して、茶道入門みたいな番組を興味深く見て、贅沢な気分ですっかりリラックスしました。

検査は9時半から16時まで。
心配していた脳みそはちゃんとびっしり詰まっていて大丈夫、隙間はありませんでした(^^)v
中性脂肪も悪玉コレステロールもOK。

でもね、思わぬところに落とし穴。要精密検査になり、脳神経外科の予約を取って来ました。

脳ドックを受けると言ったら「そんな無理矢理自分を病人にするみたいなことやめな」と言った友人がいます。
知らなきゃ知らないで済むことかもしれない。
何も知らないで、ある日突然この世とおさらばした方がいいのかも。その確率はあまり高くはないと私は思うのです。
友人の言葉は言い得ているのかもしれないなぁ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

先延ばしせず やりたいことを

やっとPCが直りました。

先週は5日間孫を預かっていました。
ようやくリタイアかという矢先に、もしかしたら孫育てをしなくてはならなくなるかも?という事態に、ほんと、人生一寸先はわからないと改めて思いました。

やりたいことは先延ばしにせずに出来る時にやらないと二度とできなくなるかもしれません。
親に代わって孫を育てるということは、自由がなくなるということ。
足の向くまま気の向くままの旅行なんてとんでもない!

再婚した時も、夫との大切な時間を仕事に追われて過ごし、気付いたら彼の命はあとわずかになっていました。もっと二人でいろんなことをやりたかった。悔いが残っています。

孫が帰って、昨日は朝5時まで仕事。最後の仕事だから、立つ鳥跡を濁さず。頑張りました。
PC不調でメールを使えなかったので、一眠りしてからUSBにデータを入れて取引先に届けました。
会社のドアを開けて足を踏み入れると雰囲気がいつもと違っています。
「あ、私ってもう去る人なんだな」と、少しの淋しさと、そうなんだという納得と、今後への仄かな希望が胸をよぎりました。

今回は幸い孫を育てることには至らなかったので、これから自分で好きに使える時間を、ほんとに大切にしよう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 水彩画「夏の花」2点
  • 水彩画「夏の花」2点
  • 網走から旭川へ
  • 釧路川源流カヌー下りの日
  • 生葉染め
  • 生葉染め
  • ひまわりの約束
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
メッセージ
  • ライブドアブログ