2016年02月

スイトピーを水彩で描く

image


スイトピーのふんわりした感じを描きたかった。 

私らしさって何だろう? って思いながら描きました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

私は孫のおばぁちゃん

孫パパが私に「(孫に)物を買ってやり過ぎ、値段の問題じゃない」と言います。
あんた達に言われたくないと私は思います。
溢れんばかりの玩具の置き場に窮すると、おもちゃを両方の実家に分散させて、我が家にも置いて行くのに。先週は大きなレゴで作るラジコン(見ていなので孫の言葉)を買ってやったらしい。孫よりパパが楽しむのかな?
私はこのところ仮面ライダーの変身ベルトに装着する「アイコン」という卵大のおもちゃを毎週末に一個ずつ買ってやっています。
集めたいと楽しみにしている孫の気持ちを汲んでです。
ここには、孫が成長して悩みを抱えた時に、親には言えない事を私には打ち明けられる、そんな孫の心の逃げ場になれればという下心があります。
これって邪道なのかなぁ。
親に言えない事を言えるおばぁちゃんってどんなおばぁちゃんなのでしょう?

おもちゃ業界は次から次へと新しいおもちゃを売り出しています。このおもちゃもそろそろ次の機種へ交代の時期で、今までばら売りで買えた「アイコン」でしたが、先日は3個セットのしかなくて、お絵かき教室の後トイザらスでその3個セットを買いました。
でも毎週1個ずつと孫と約束しているので、「3個も買ったなんてパパとママには内緒ね」と言いながら1個ずつ渡しています。

日曜日の朝は、そのアイコンを持って大型ショッピングモールのゲームコーナーへ行きたいと孫は大泣きしました。
私はゲームコーナーは嫌いです。お金が湯水のように流れ去ります。
孫両親はゲームコーナーが好きなのです。孫ママが心のバランスを崩した時、現実逃避の場所としてゲームがあります。
孫は私がガンとして動じないのでゲームは諦めました。

天気が良くて気持ちの良い日曜日です。海苔巻きと調理パンを買って、昭和記念公園へ行きました。
園内を巡るトーマス(孫はそう呼びます)に乗って「こどもの森」へ。
今までは幼児用の遊具のコーナーで遊んでいましたが、初めて小中学生まで遊べる遊具のエリアに行きました。

IMG_3548

沢山遊んで、足こぎボートにも乗って、沢山歩いた一日でした。

image


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

写真倶楽部定例会・染の小道

今夜は写真倶楽部の定例会でした。
持参した写真はまたまた鼻もひっかけて貰えず、少ししょげて帰って来ました。
「いいの、いいの」って一人納得して、絵でも写真でもコレが口癖になりそう。

下は昨日、落合・中井(新宿区)をお散歩しながら撮った写真です。写真倶楽部に持って行ったのはこれじゃないけど、もうここに載せる気力がなくなりました(笑)
この界隈は戦後間もない頃、京都、金沢に並ぶ染めの産地だったのだそうです。昨日は町全体をギャラリーに見立てた「染の小道」というイベントでした。

image

image
今夜は撮影旅行の詳細が決まりました。
でも行けない。残念。
H工房のメンバーで金沢旅行の計画を立てていて、日にちがバッチリ重なりました。
足尾銅山での撮影、行きたかったな。
あっちもこっちも行きたい所だらけです(#^^#)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

身近なところで

今朝、辺りはうっすらと雪化粧していました。
フロントガラスにわずかにたまった雪はフワッフワ!
木々に粉砂糖を振ったようで、まるでそこら中に白梅が咲いた気持ち。

幼稚園への車中で孫が
「か~れき のこらず はながさく」
のフレーズを繰り返し歌っていました。

今日は久し振りにゆっくりの日。
梅が咲く山里を歩きたいけど、山の方の花には時期がちょっと早いかな?
裏高尾の梅林はどうだろう?
群馬のみさと梅林もいいなぁ。

image

image

これは我が家のほぼ真ん前。 充分に里の雰囲気^^

もっと春になったらC城さんと行こうと話しているところがあります。春は忙しい♪

C城さんはどうもアトリエをやめるみたいです。
油絵を描き始めて1年ちょっと。スゴイ勢いで情熱的に描いていたけれど、今は書道に気持ちを奪われているようです。
アトリエのI先生を非難していました。
そんなに簡単にうまくなんてなれるわけないのに。
人の悪口の多い人は嫌です。私の悪口も言われている気がする。

image

なんとなく身近なところで早春を感じて満足しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

14回目の結婚記念日

昨日は2月22日。
再婚した夫との結婚記念日。
月曜日はH工房へ行く日なので、お墓参りをどうしようか迷ったけれど、やっぱり私と結婚してくれた夫への感謝の気持ちを表わすために行って来ました。
伴侶との別れの形のなかで、死別は幸せだと誰かが言っていたけれど、ほんとにそうだと思います。
再婚した時、夫はすでに病気でした。
そして永遠に変わらぬ愛を私の心に置いて行ってくれました。

この日には、いつもは薔薇みたいにもうちょっとラブラブな花を選ぶのだけれど、今日は時間を惜しんでしまってスーパーの花にしました。
でも、ほら春色♪ もうすぐ春だよ♪
いろんな形のブラシで隅々までゴシゴシお掃除して、それから遅刻して絵を描きにGo~ ε=(┌  ̄_)┘

image


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

人生わからない

平林寺へ行く道々気になって、帰りに寄れたらいいなと思ったカフェ「珈琲 るぽ」
帰途についたのはすでに1時過ぎ。ほんとは早春の田舎道を歩きたかった。でもこの日は3時半に幼稚園にお迎えに行かなくてはなりませんでした。何か1つを選択するとしたら、ここのカフェかな?散歩はまた来週にでもしましょう。

image

image

image

image

ジャーマンポテトグラタンのセットをいただきました。
珈琲は自家焙煎。
グラタンはホクホクポテトがゴロゴロ。美味しいソーセージ。その下にはマカロニと小海老。凄く良心的なお料理でした。

実はここは初めてではありません。
離婚して何年か経った頃、え~と、私は35・6才だったでしょうか、別れた夫からもう一度プロポーズされた店です。
その頃私は叶わぬ恋をしていて、別れた夫は眼中にありませんでした。
あの時別の道を選んでいたら、その後の人生はどうなっていたのでしょう。
人生わからないものですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

昔お世話になった

今が新たな人生のスタートラインとか言いながら、今日も昔帰りをしてきました。

我が家の周りの梅はもう盛りを過ぎています。気持ちの余裕がないまま梅が散ってしまうのが嫌で、どこかへ行こうと想いを巡らすも遠出する時間は取れず、埼玉県新座市の平林寺へ行くことにしました。はるか昔にそこの梅林に行った事がありました。ところが入り口で、今は梅林を公開していないことを知りました。さて、どこへ行こう。。。

この頃、若い頃にお世話になった方々の消息が気がかりだと以前のブログに書きましたが、その中のお一人T松さんが当時は平林寺の近くにお住まいでした。もし気が向いたらお宅を探してみようと思い、出がけに古い名刺の中からその方のを見つけ、iPhoneに住所をメモしてありました。
区画整理されていない町に新しい家が沢山建って、こりゃきっと引っ越されているだろうなと思いながらナビを頼りにグルグル回っても見つかりません。メインストリートに戻り、広い駐車場を持つ店に車を置かせてもらって、iPhone頼りに歩いて探してみました。
見つけました!表札は確かにT松さんだけれど、あれから20年以上、ご健在なら85才位?声を掛ける勇気がなくて、もう帰ろうと思っていたところ、ワンちゃんが吠えたので窓が開きました。娘さんかと思ったら奥様でした。
「主人、家にいるけど、認知症になっちゃったのよ。でも会って行って。会っても覚えていないと思うけど、私の友だちってことでもいいじゃない。」
と上げていただいて・・・

陶芸がお好きで、ご自宅で教室も開いていらしたのに、もう焼き物をやっていたことも忘れている時があるんですって。
でもあの頃と同じ笑顔、同じ声。
いいえ、もっと素敵な笑顔でした。お顔はおじいちゃんなんだけど、笑顔が清らかで天使みたい。
なんだかとても愛おしかった。
ハグしたい衝動に駆られたけれど、さすがに奥様の前じゃね~^^
奥様のお話しから察すると、きっとご夫婦の間にいろんな事がおありだったのだろうと思います。
「もう時効ね」って笑っていらした。
T松さん、好きな事やったきた人生だったようだけど、優しい奥様がいらして良かったですね。
私が誰だかわかりましたか?スリッパのまま表まで出て来て満面の笑みで見送ってくださったから、きっと、訪問を喜んで頂けたんだと思います。よかった。

image

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

個性がない・マンネリ

私が人生で一番やりたいとずっと願って来たのは絵を描くことのはずなのに、家にいるとどうしても描く気になれません。英語の勉強が一番手っ取り早く取り掛かれます。
絵は行き詰まっているんです。もう描くの辞めようかと時々脳裏をかすめます。でも今やらないでいつやるのよ!

今、あたかも今が人生の第一歩を踏み出した時であるかのようにすがすがしい気持ちです。
好きな時に好きな事をできる(私の中の)時代のほぼスタートラインに立っていると思えるから。

今日は大学の先輩が主宰しているH工房の日でした。
先々週から、モチーフを並べてみんなでそれを囲んで絵を描いています。
私は学生時代からずっと落ちこぼれで、ほんとは先輩に私の実力が知れてしまうのはとても恥ずかしいのです。でも仕方がありません。こんなもんだよと全部見せて、考えていること、行き詰まっていることを逐一話しています。

Hさんの言葉、「モチーフより、描いた絵の方がずっと魅力があるっていつも思うの」
そうだよな。
「みよさんの絵は個性がない。言い方は悪いけどマンネリ」って。
そうだよな。
文字にするときつそうに見えるけど、H先輩はとっても優しい、ホワンとした感じの素敵な女性なんです。憧れるし尊敬しちゃう。
「透明水彩は計算しながら描かなきゃいけないから、もっと冒険できるように素材を替えてみたら?模写もいいかもしれない」と提案されました。
アトリエのI先生(男)も誠実で優しい方なのだけど、生徒を尊重するあまり、どこか遠慮していらっしゃる。
H先輩は10代の頃から私を知ってるっていうのはやっぱり強味かも。
静かに真剣にアドバスしてくれるから、一歩ずつ一歩ずつ前に進めるように、自分に期待しながら頑張ろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • ローズカフェへ
  • 孫とポケモン
  • 孫とポケモン
  • 水彩画作品展
  • 水彩画作品展
  • 水彩画作品展
  • 小2の男の子
  • 小2の男の子
メッセージ
  • ライブドアブログ