2016年04月

素敵な里山(入間市宮寺)

私の里山好きをご存じのアトリエの先生が「いい所があるよ」と教えてくださった場所へ、スケッチ会の帰りに寄ってみました。
教えていただいたのは入間市の出雲祝神社と西久保観世音堂の周辺。iPhoneで検索してナビに登録。便利だなぁ。

なんと素敵な里山でしょう!

image


狭山丘陵を背に、なだらかな丘陵に茶畑!

image

東屋の脇にクスノキの大木。
去年は「クスノキ!クスノキ!」と市役所の「緑と公園課」に尋ねてまで探したのに、一旦分かると生活の場のあちこちに結構な大木があることに気付きました。

image

image


カエルが鳴いて、トンボが飛んでいました。

image

image

枝に茶色い鳥が見えますか?ガビ鳥です。初めて見ました。鳴いていたのでわかりました。
ずっと前、神奈川の里山に住んでいた彼氏の家で良く耳にした声が懐かしくて、半ば私の憧れの鳥になっていたのですが、アトリエのバードウォッチャーに「ガビ鳥大好き!」と話したら、
「もっと綺麗で可愛い鳥が沢山いるわよ。私たち、これの事、『あら、またガビ』って呼び捨てよ」
って笑ったいらした。

image

image

帰り道、カフェをみつけたので一休み
ケーキをサービスしてくださいました。

image

茶房 あんず 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

最近描いた絵

一週間前に狭山丘陵にある狭山不動尊(埼玉県所沢市)でスケッチ会がありました。本堂や塔や釣鐘など日本的な建築物が爽やかな緑の中に点在しています。何周も歩き回ったけど描きたい場所が決まらなくて、結局到着してすぐに感動したぶっとい竹の子を描くことにしました。

image

この頃ずっと悩みながら描いています。

先月のスケッチ会は「あけぼの子どもの森公園」(埼玉県飯能市)でした。「ムーミン童話」の世界をモチーフにした公園です。

image

こういうメルヘンチックな絵を目指しているわけではないのに、今の私はこっちの方へこっちの方へ行ってしまいます。私らしくない~~!でも無意識の私が絵に出ているんだろうか?

image

小さいサイズで毛糸を描いてみました。毛糸にしてはちょっと硬いかな?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

写真倶楽部の面々

春には毎年撮りに行っている東京都東村山市の国立療養所多磨全生園(こくりつりょうようじょたまぜんしょうえん)。全国にある国立ハンセン病療養所の一つです。
去年は忙しくて、やっと時間が取れて撮りに行けたのは日没寸前でした。そしてブログにアップしていませんでした。

昨春の写真です。



広い敷地の中には神社があります。



朽ちた宿舎。患者さん達が高齢になり、多くの住宅が空き家になっています。









灯りがともっているとホッとしますね。


実は昨日の写真倶楽部に、全生園で撮った組写真を持って行ったのです。毎度のことながら私の写真は見向きもされませんでした。話しが出尽くしたらしい頃合いを見計らって、「意見を聞かせていただけませんか?」と水を向けてみました。まずどこで撮ったか訊かれて全生園の話しをしました。ハンセン病患者の収容施設だった所だと言うと、
「そんなとこ、よく行ったね」「俺だったら行かないよ」「俺もイヤだね」と口々に・・・
一斉の反応に驚きました。
短い時間に手短に的確に説明できませんでした。
70代80代というメンバーの方々の生きて来た時代背景のせいでしょうか?
あぁ私は、私とは違う、こういう感覚の人達の中で写真の勉強をしているんだと肝に銘じました。
この感覚(世代としての感覚のズレ?)は写真に反映されない筈はないですから。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

伊賀→津→名古屋

2泊目の宿は伊賀市でした。3日目は伊賀から名古屋へのドライブ。
私が旅程を考えたのですが、組み方がもうひとつだったな。
渋滞する高速道路を避けて、田舎道を南下して海へ出ました。でも沿岸部に出てからはまた渋滞。次からはもっとプランを練って出掛けなくては。

IMGP4704


ソメイヨシノはもうおしまい。

IMGP4722

山桜と若葉、新芽の赤が美しい。

IMGP4741

あまりののどかさに、思わず引き返してしばし散歩

IMGP4744

IMGP4795

海辺の公園でトイレ休憩

IMGP4747

IMGP4768

漁師小屋だよね

IMGP4774

IMGP4756

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

検査って必要?

手術をした病院の脳外科へ行って来ました。
開頭手術をしたのは去年の6月22日。あれから10か月が経ちました。
今、開頭した頭の右半分の表面の感覚が少し変です。でもそんなの何てことありません。そのうち治るでしょう。
天気が崩れても頭が重い事もないし、頭痛もないし、手術前と何も変わっていません。
今日は主治医の顔を見て、MRIの予約を取って来ただけです。
MRIで新たに動脈瘤ができていないか検査するわけです。
「3年後と言うと誰も来ないから、まぁ毎年検査しましょう」
と言われました。

普段思っていること・・・
長生きが必ずしも幸せとは思えない。もう子育ても終わった身。検査して寿命を延ばす事が果たして幸せに繋がるのだろうか。

MRIを毎年受けて、もしまた動脈瘤が見つかったら手術するの?
したくないという気持ちの方が勝っています。
手術しないのなら検査受ける意味ないじゃん。
今回は予約をしてきたので受けますが・・・

image

今日の窓辺。
病院の近所の農家でピンクのかすみ草を買いました。あとは庭の花を少し。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

写真でつづる信楽(しがらき)の旅

名古屋へ行ったら喫茶店のモーニング!

image

宿は「朝食なし」のプランを選んで、名古屋駅近くでのモーニングを楽しみにしていました。
トースト&珈琲とはおよそミスマッチな物が付いて来ると聞いていたのに普通のモーニングでちょっぴりがっかり!期待が大き過ぎた(^^;

レンタカーで名古屋から信楽へ。高速道路が渋滞でいやになりました。

image

IMGP4684

IMGP4693


ひっそりとしていました

IMGP4660

IMGP4648

IMGP4636


登り窯の中に雛人形

image

友人の知り合いの作家、藤田長夫さんの工房を訪ねると、作陶中の手を休めて対応してくださいました。
藤田さんはとても穏やかな方でした。そして作品の風合いがとても柔らか。

今回の旅行では伊賀の土鍋を買いたいと思っていたので
「ご飯炊き用の小さめの土鍋はありませんか?」
と言ってみたら、ご自宅用に作ったものを安く分けてくださいました。

新しい土鍋を初めて使う時は、匂いや色が付いたり、ひび割れしたりするのを防ぐためにおかゆを煮るのだそうです。

image

image

これで炊いたご飯やシチュー、楽しみだな♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

写真でつづる常滑(とこなめ)の旅

1週間前に、焼き物好きの友人と2泊3日で常滑、信楽、伊賀方面を巡って来ました。

一日目の常滑は町全体が焼き物ミュージアムのようで特に良かった!
「やきもの散歩道」のマップ片手に迷路のような小道を半日かけて歩きました。

まず昼食。

image

image
 
image
 
手作りちらし寿司、刻みこぶと八つ頭の煮物。穏やかなおふくろの味。

image

 

 

疲れたので一休み

image

image

image



 

        



夜は宿で名古屋名物。 ひつまぶし、コーチン鍋、どて煮、エビフライ、手羽先・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

日常

15日(金)は横浜の友人を訪ね、16(土)は孫をお泊りで預かりました。
たまには家でゆっくりする時間が欲しかったので、今日(日)日中の孫預かりは断って、朝食まで済ませてパパママの家へ送り届けました。

image


風が唸っています。
木々が揺れ、木の葉やビニール袋が舞い、旗はちぎれんばかり。雲がどんどん流れます。

image


ダイニングの窓の外、葉桜と八重桜が揺さぶられている。

帰宅して、ブロ友さんの記事をよんで、16日未明にさらに大きな地震があったこと、被害が拡大していることを知りました。

自然の脅威よ、早く鎮まれ!
これ以上被害が拡大しませんように!
みなさんの心に一日も早く平穏が戻りますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • 弟を訪ねて
  • ローズカフェへ
  • 孫とポケモン
  • 孫とポケモン
  • 水彩画作品展
  • 水彩画作品展
  • 水彩画作品展
  • 小2の男の子
  • 小2の男の子
メッセージ
  • ライブドアブログ