一つ手前のインターチェンジで高速道路を降りました。稲刈りが終わり、林檎が色づき、すすきと咲き残りのコスモスが西日を受けて輝いていました。




かねてからいつか野尻湖を一周しながら写真を撮りたいと思っていました。一周はできなくてもいつも横目で通り過ぎる湖畔をゆっくり歩いてみたくなり、車を停めて何枚かシャッターを切りましたが時刻が少し遅すぎたようです。


翌朝も、母を連れて帰る前の短い時間に一人 野尻湖へ。
岡に上げられたスワンボートの表情が寂しそうに見えました。
真っ赤なナナカマドの実が見事です。私の日常にはないこの紅い実をみつけると少女っぽい憧れの気持ちになります。



穏やかな秋の日に写真を撮りながら何気ない自然と そこに生きる人の営みを感じて歩く・・・それだけで喜びに満ちて幸せ!
彼と過ごした幸せな時間と同じ幸せを感じた事に気づいて、彼がいなくてもそんな気分になれることにホッとしたり驚いたり・・・