9(日)・10(月)の連休は母を連れて横浜に泊りました。
家のあちこちに彼と過ごした痕跡が残っていて、母は「誰か来たの?」と鋭いこと。(苦笑)
横浜の町は彼との思い出だらけ。

横浜の家は来月から知人に貸します。
庭の草を取り、置きっぱなしになっていた物を持ち帰りました。
リビングからの見慣れた光景も当分の間、見納めです。

中三から高校卒業まで横浜で過ごしたけれど結局馴染めませんでした。
横浜は私にとって鬼門なのかな。