もう雪の話題はウンザリかもしれないけれど、ネタが古くなり過ぎないうちに、1週間前のお話を書きます。

長野から戻る日は、母を弟に任せて、義妹に野尻湖畔まで送って貰いました。
雪国の生活を撮りたかったんです。
「こんな季節にこんな場所で人を降ろしたことないよ。おねえさん、大丈夫?」
と言う義妹を尻目に、旅行のカートを引きながら笑顔で手を振って、なんだか「田舎に泊まろう」のロケみたいって思いました。
だ~れもいない!お店も閉まっているし、何もかもみんな雪に埋もれて、ただ雪原が広がるばかり。
当てが外れました。

400-2014年02月 076

トボトボと国道まで歩いて、一日に数本しかない路線バスをバス停の小屋で待ちました。
運良く30分くらいで来ました。

終点は黒姫駅。
くろひめ・・・ちょっといい響き~♪

image

駅舎の中にお蕎麦屋さんがあって、ストーブの燃える待合室とホームのどちら側ででも食べられるようになっています。
直江津発長野行きの普通列車まで15分。
気が気じゃなかったので、とろろ蕎麦を注文してホームでいただきました。

image

ちょっと旅気分が盛り上がりました(^∀^)

長野では新幹線の時刻までの時間調整で、初めて善光寺へ行ってみました。

400-2014年02月 101

400-2014年02月 108
微笑ましい絵馬
400-2014年02月 111

テイクアウトのおせんべい。
さくら味のぬれ煎餅を頬ばりました。

400-2014年02月 115

民芸品もゆっくり見たかったな。
裏通りももっと歩きたかった。
駆け足の善光寺参りでした。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村