絵の先生が絶賛していらした絵画展へ、最終日ギリギリに行ってきました。
渋谷区立松涛美術館 「ロベール・クートラス展 夜を包む色彩」(無料)

b0129807_2285211
 
心の闇を覗きこむような深~い作品群でした。
前日見た葉山の美術展の副題は「1950年代の日本人画家たち」でした。
クートラスは、ほぼ同時代に同じパリで、貧困に苦しみながら段ボールの切れ端や貰ったポスターの裏に絵を描いていた画家です。
最晩年、彼と同居し、遺言にしたがい作品を管理をする女性が日本の方なのだそうです。

さて、昨日は造影剤を使って脳のCTを撮りました。
今朝、長男に「なんだ、結果聞いてこなかったのか~ いつ聞いても同じなのに」と笑われました。
確定しない状態を少しでも長く楽しみたくて、無駄な抵抗をしています。(笑)

病院から帰って、「あ~なんだか気分まで病人になっちゃいそう~」と思ってスポーツクラブへ。
細々ながら続いています(*^^)v
エアロビクスのクールダウンの時の音楽が素敵で、アレ?と思って帰りにインストラクターに聞いてみました。
やっぱり!




ヘイリー・ロレンのボーカル、心地よくて大好きです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ