私の絵のM本先生は、子どもの教室も開いていらっしゃいます。

昔、美術教育法という講義を受けました。何を教わったのか見事に忘れましたが、一つだけ覚えているのは「美術教育の目指すものは生きる力を付けること」という事。ほんとにそうだな~と思います。

孫は今月いっぱいで保育園を退園して、幼稚園に入園します。
その幼稚園は夕方まで延長保育してくださるので、お帰りの時刻は保育園の時と変わりないのですが、土曜日はお休みなので、毎週土曜日は私が孫を預かることになっています。
そこで、孫をM本先生の月2回土曜日の造形絵画教室に通わせることにしました。
3月初めに体験入学をして、孫は先生を大好きになり、教室を大いに気に入りました。
私は見学していて、自由奔放にふるまう孫と先生のやり取りが面白くって可笑しくって、笑いをこらえるのが大変でした。

b0129807_14221545

虹色のスカートをはいた女の子の絵。 
混色の仕方がなかなかいいぞ! とばぁばバカでスミマセン<(_ _)>

日曜日は初めての上野動物園。メチャ混みでした。
ばぁばが想像する孫の心に残ったものは、
初めての象さん、ゴリラの赤ちゃんがとっても近くまで来てくれたこと、初めてのモノレール、鶴を見たかったけど見られなかった事(鶴の恩返しのおはなしの鳥を見たかったみたい)、パンダのぬいぐるみを買って貰った事、特急に乗って帰った事(テレビの烈車戦隊トッキュージャーが好きなんです)
今朝も、「上野動物園、たのしかったの。だからゆめみちゃった。あえなかったどうぶつもでてきたよ」と言っていました。

image

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ