吉良川町はその昔、土佐備長炭の積出港として栄えた町。
とっても素敵な私好みの懐かしさ漂う町なんです。
偶然見つけて、是非ともそこに泊まりたかったんだ (*‘∀‘)~♪

1280- (7)

和の宿「かどや」
築100年位の家をまるまる一棟貸しの寛ぎの宿でした。

1280- (16)


玄関脇廊下、窓の外には鯉が泳ぐ池

1280- (17)

全部で4部屋。素敵な和室があったのに撮り忘れました。
オーナーご夫妻が子育てをなさったご自宅なのだそうです。今は年をとられて食事の支度はできないということで、素泊まりだけのお宿です。
なので高知の商店街をぶらつきながらお惣菜を買って行きました。
台所用品や冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、調味料、コーヒーメーカーまで揃って、まるで自宅にいるようです。
大きな食器棚から好みの器をチョイスして、パック入りのお惣菜を移して並べれば立派な食卓へと変身!
かぼちゃの煮物、竹の子の煮物、茗荷の甘酢漬け、スジ肉の煮込み、マグロの刺身、あとなんだっけな・・・それと五穀米。デザートにオーナーにいただいた文旦。初めての文旦、美味しかった。私は酸味が苦手なので、文旦の癖のない爽やかさが気に入りました。

友人とお喋りしながらの朝のお散歩、のんびりで楽しかった。

1280- (9)

1280- (19)

1280- (8)

1280- (15)1

1280- (12)

1280- (11)

1280- (13)

1280- (14)

DSC01187

1280- (22)

0036

0035

1280- (21)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ