秋めいて来ましたね。
秋になったらどこへ行こうかなと想いはあちこち駆け巡っています。

image

若い頃にお世話になった数名の方の事が気掛かりで仕方がありません。
私が30代、40代の大変な時期に助けてくださったその方々は、今はもう80代。ぼやぼやしていたら後悔するやもしれません。
その内のお一人YIさんの消息を、先月、安保関連法案などに関する抗議行動に行った時に知りました。
奥様を亡くされ家を売って、娘さん家族と茨城で暮らしていらしたけれど、震災後お孫さん達への放射能の影響を考慮して、娘さん家族は遠くへ引っ越され、YIさんは古巣の町に戻って一人暮らしをしていらっしゃるというものでした。
お淋しい暮らしをしていらっしゃるのではないかと気がかりでした。

訳あって、私は当時の交友関係とは一切の交流を絶ってきました。
さて、誰れに電話してYIさんの連絡先を尋ねようかと古いアドレス帳を引っ張り出しました。
市街局番が今と違う!(数字の個数が違う)どんだけ古いんだ~!多分こう変わっただろうと想像してイチかバチかA川さんに掛けてみました。
かかった!^^v
近況報告してYIさんの携帯番号を教えていただきました。
昔の知り合いのあの人もこの人も亡くなっていました。A川さんもご主人が亡くなり、子ども達は家を出て、今はお一人暮らしですって。70過ぎて運転は怖いから、ツアーであちこち行ってるよと。近々友人と3人で礼文島へ行くそうです。温泉はもう少し年取ってからにとっておくんですって。
そっか~、私も今しかできない旅をしよう!

YIさんに電話しました。
とっても懐かしがって喜んでくれました。
YIさんの奥様は一昨年の春亡くなっていました。でもその前に彼と彼女は離婚していて驚きました。
家を売ったというのは間違いで、今は長女家族と元の家で暮らしているという事で、お孫さんの声もしました。電話をスピーカーにしてあるのか、YIさんと私との会話に、6年生だという男の子が割って入って、その子ともお喋りできました(^▽^)
お幸せそうで良かった!
今度はお目にかかりたいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ