春には毎年撮りに行っている東京都東村山市の国立療養所多磨全生園(こくりつりょうようじょたまぜんしょうえん)。全国にある国立ハンセン病療養所の一つです。
去年は忙しくて、やっと時間が取れて撮りに行けたのは日没寸前でした。そしてブログにアップしていませんでした。

昨春の写真です。



広い敷地の中には神社があります。



朽ちた宿舎。患者さん達が高齢になり、多くの住宅が空き家になっています。









灯りがともっているとホッとしますね。


実は昨日の写真倶楽部に、全生園で撮った組写真を持って行ったのです。毎度のことながら私の写真は見向きもされませんでした。話しが出尽くしたらしい頃合いを見計らって、「意見を聞かせていただけませんか?」と水を向けてみました。まずどこで撮ったか訊かれて全生園の話しをしました。ハンセン病患者の収容施設だった所だと言うと、
「そんなとこ、よく行ったね」「俺だったら行かないよ」「俺もイヤだね」と口々に・・・
一斉の反応に驚きました。
短い時間に手短に的確に説明できませんでした。
70代80代というメンバーの方々の生きて来た時代背景のせいでしょうか?
あぁ私は、私とは違う、こういう感覚の人達の中で写真の勉強をしているんだと肝に銘じました。
この感覚(世代としての感覚のズレ?)は写真に反映されない筈はないですから。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ