H工房へ出かける時、同じ市内に住むY川さんを迎えに行きます。
彼女は73歳、H工房在籍歴30年くらい。草木染めや織り、編み物が得意でH工房の中でも先生格。
私はY川さんとはなんとなく馬が合い、いつもお喋りを聞いてもらっています。私の理解者かも。彼女は私の事を、アッケラカーンとしているから神経使っているとは思われず、誤解されやすいタイプと言います。そうなのかなぁ。Y川さんに言われるまでそんな風に思ったこともなかったけれど。

Y川さんに教えていただきながら、孫のために指なし手袋を編み始めました。

IMG_3865

孫は水色と黄色が好きなんですって。
毛糸売り場に連れて行って「この範囲から好きな毛糸を選んで!」と選ばせたら、やわらかいクリーム色を選びました。
売り場を孫の後ろからついて行きました。孫の後ろ姿は、阿波踊りのように踊りながら楽しそう。よく滅茶苦茶な歌を歌っています。きっとそんな歌を口ずさんでいるのでしょう。
私の幼い頃は恥ずかしくて人前でそんな事できなかった。
孫の伸びやかな成長がほほえましい。
数段編んだものをサイズ違いで2種類用意して、週末遊びに来た孫の手と合わせてみました。
私の青い毛糸を見つけて、縞々にしてほしいとのリクエスト。
孫が喜んでくれるといいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ