笑顔の母と遺品整理

この間とは別の歯の歯茎が腫れて、また急遽歯医者の予約をとりました。
先生が夏休みに入られる直前ということで、朝しか空きがなく、前日は横浜の誰も住んでいない実家に泊まりました。
歯茎の腫れは大したことはありませんでしたが、一か所悪くなると、あっちもこっちもとドドドッと来そうで恐ろしいです。でもかろうじてまだ全部自分の歯で頑張っています。

実家では母の箪笥の中の整理をしました。
母は原色が好きで、それがまた似合う人でした。
結構オシャレな洋服が、きちんと整理されていました。
どうせほとんどが捨てるものだから、捨てる前にあれこれ着てみました。サイズはぴったりです。
それを着ていた頃の母の姿が鏡の中で明るく笑って見えます。まだ「老い」を感じない頃の母。今の私より少し若いかもしれません。
遺品の整理をしているのに、私の心は弾んでいました。
元気な母と、同い年の私が一緒に楽しい時間を過ごしていました。

ブラウスやスカーフを持ち帰りました。
カットワークや刺繍+レース使いの可愛くて素敵なブラウス。
父からのプレゼントかな。父は母の誕生日には必ず何かプレゼントをしていましたから。
少し黄ばんでいるけれど、クリーニング屋さんでなんとかなるかもしれません。

父が亡くなってから母は長野の弟宅に引き取られました。
私の再婚した夫が亡くなったあと、空き家になっていた実家にしばらく住んだ頃は、母は時々来ては2週間位一緒に過ごしました。
一人で新幹線に乗れなくなってからは、年に数回、私が迎えに行って暫く一緒に過ごしました。
段々認知症の症状が出るようになっても、普段の生活にはほとんど支障はありませんでしたが、最後の半年位はもう我が家に連れて来ることも難しくなっていました。

たまに会って、「またね」と別れる時、「もしかしたら これが母と会う最後になるかもしれない」と思いながらの(^^)/~~~バイバイを幾度となく重ねました。
そして次の時には「あ~、また会えたね」と心の中でホッとしました。
そうやって少しずつ別れを重ね、母の命は終わりを告げ、そして今、若くて華やいだ母とお喋りをする私。
今も母は私の中で少しずつ死んでいます。現在進行形です。

義妹は母の話をすると電話の向こうで涙をこぼしているようです。
どんな風にしても悔いは残ります。
でも長く苦しまず生きづらくなったこの世からスッといなくなれて、ママ(母をみんなこう呼びます)良かったねと思います。
「もうこんな生活いやだ~」とこぼしていましたから。

私の中で母が少しずつ死んでゆくという事は、私にとって幸せな事だと思います。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

今 困っている事

母が亡くなって、面倒な手続きを弟が一手にやってくれている中、
「姉貴、頼む」
と言われた事が一つだけあります。

アメリカにある母の口座の閉鎖手続きです。
アメリカの銀行(バンクオブアメリカ=BOA)の口座に毎月約80ドルの振込があります。
母は年金だと言っていましたが、アメリカ大使館によると、母はアメリカ国の年金は貰っていないとの事。(母は日系二世で二重国籍でした)
では毎月の入金は何?
どうやったら止められるの?
調べるうちに、BOAの口座は父と母の共同名義になっていることに気付きました。
父は17年前に亡くなっています。
名義人が死亡したとわかると、口座は凍結されてしまうの?
10万円位しか残高はないのに、アメリカのやりかたで相続の手続き(プロベート、probate)をしなくてはならないの?
父も日系二世でしたが、戦争で日本の軍隊に入ったのでアメリカ国籍は失ったのです。
外国人だと考えれば、相続のことは考えなくてもいいのかな?

いろいろ調べているうちに、分からなくなって疲れました。

************************************************************

ちょっと一息。
image

我が家の近所の小さなスーパーは、時々ローカルなものを置いてあります。
鳥取県松江の柚子のお菓子
求肥に柚子を煉りこんだ柔らかな餅菓子
見た途端、どこか遠くへ行きたいな~って駆り立てられて買ってしまいました。
柚子ピール?が入っているようで、美味しかった ~旦o( ̄  ̄*)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

なななのか(四十九日)

仕事が一段落付いたのが嬉しくて、予定を詰め込み過ぎてアップアップしています。
体調がすぐれなかったり、何気なく言われたことに落ち込んだり・・・まぁ、そんな日々でした。
体調がすぐれないと言っても大したことじゃありません。
肩こりで頭が痛い、気持ちが悪い、お腹も変だし、目が疲れて開けているのもイヤ!
そんなことでヘナっとなってしまう意気地なしです=D---(o_ _)o
急にゆとりができたので、どっと気が抜けたのかもしれません。
一日寝ていたら、余計肩が凝って・・・
翌日思い切って出掛けてみたら(大袈裟~)、夕方には具合悪いの忘れていました。
ウダウダしていてもしょうがないし、精力的にいってみよ~o┤。・x・。├o

昨日は横浜のお寺で母の四十九日法要でした。
道路の混み具合が解らなかったので、一時間も早くお寺に着きました。
お寺の前は川沿いに散策路になっています。
そこでファインダーを覗いていたら、あっという間に時間が過ぎて・・・
車にスニーカーを積んで行ったので、喪服姿に黒いバックを持って、スニーカー履いて写真を撮る変なおばさんです(;'∀')

4002014年05月 159

4002014年05月 168

4002014年05月 171

約束の時刻が迫ったので、駅へ次男を迎えに行きました。
次男はブログにあまり登場しないですね。
都内でマイペースで一人暮らししている草食系おっつぁんです(笑)
母が亡くなるまで、母の子ども、孫、ひ孫が一堂に会したことはありませんでしたので、みんなで会うのは葬儀に次いで二度目です。

image

孫は墓地の片隅の黄色い花を「タンポポ~~♪」と言って喜んで摘んでいました。

法要、納骨を終え我が家に帰る前に、一人で 横浜の ちょっと鄙びたミニシアター「ジャック アンド ベティ」に寄りました。
見た映画は「野のなななのか」    (大林宣彦監督)
「なななのか」って何だろうって思いますよね。
初七日の次は「なななのか」 7x7で四十九日です。
北海道芦別市のそれはそれは美しい風景の中で繰り広げられる「長編ポエム」だと思いました。
人の生死や戦争、原発などのメッセージが、美しい映像、夢、秘密のベール・・・いろんなものとミックスされて得も言われぬ余韻を残しました。

映画はレイトショーで夜の上映だったので、その前にもう一か所寄り道したのですが、それはまた次回に。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

それは春のある日のこと

もうすぐ桜が満開になろうとしていた日の事でした。

image

image

我が家の窓辺では、お隣の桜を間近に楽しめます。

同じ頃、信州はまだ春浅く、やっと春の色が滲み初めていました。

image

image

image

そんな日に母は静かに逝きました

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

信州の母/雪上の足跡

母はもともと信じられないくらい自分中心に世界が廻っている人です。
その母のタガが外れてしまったのですから、周りの人間の事など考える筈もなく、
年寄りだからやって貰って当然とばかりに、自己主張しまくっています。
家族には家族の生活があるとは思いつきもしないらしい。

とは言え、体が思うようにならずに、生きている事が辛そうで可哀想です。
いずれ我が身だと思いながら接して来ました。
年を取る事は辛い事ですね。
あんな姿を目の当たりにすると…
まだまだ認知症としては初期だと思うのですが…
自分自身は程々のところで終りを迎えたいと切望します。
そして、残りの人生があとどの位だろうと指を折り、この少ない時間に何をしようかと改めて考えます。
大切に生きたいと思う一方、あたかも人生が永遠に続くがごとくに淡々と生きるのもいいと思います。



東京へ戻る日は早めに弟宅を出発し、気の向くままに歩きました。

400-2014年02月 071

うさぎの足跡? 崖の淵で急ブレーキ!方向転換(笑)

400-2014年02月 059

これもうさぎみたいだけど、写真でわかるでしょうか?

400-2014年02月 089

なんでしょう? 尻尾を引きずっている小動物みたい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

長野に来ています

金曜日から「明日は大雪」と大騒ぎしていた首都圏です。
車を最寄り駅前のコインパーキングに駐めて行けばいいと考えていたけれど、調べたら、一日最大◯◯円って看板が適用されるのは初日だけで、2日目からは1時間◯◯円になるらしいと解って、雪でも大丈夫なように余裕を持ってタクシーを予約しました。

翌朝起きたら雪景色。
都内の地下鉄に乗り入れて、埼玉から横浜迄直通運転をしている西武線を利用しましたが、かなりの遅延がありました。
でもそのダイヤの調整ぶりには、「ほ〜」っと感心しました。
元町・中華街行きが急に新木場行き(全然方向違い)になったり、次の電車と2本目の電車が入れ替わったり。
苦心の程が伺えました。

無事に新幹線に乗れて長野に到着。

image

信越本線妙高3号に乗り換えです。
乗り換え時間は10分ありません。
でも待っても来ない。アナウンスが入ったのは、発車時刻を10分も過ぎてから。
運休!
30分後に出る次の列車は時刻表通りに動きました。

弟の話しでは、
「JRはふざけてるよな!時々そうやって間引き運転するんだよ。この位の雪は大丈夫なのに、どの列車を運休にするか決めてある。」
だそうです。

雪、凄いですよ。
介護のお手伝いに来たのに、雪を見てはしゃいでいる私です。

image


弟宅のワン、ひびき♀
アラスカンマラミュートという、雪大好きの犬で、雪山の救助犬やソリ犬として活躍する犬種だそうです。

image


庭では弟が除雪中。

母は生きるのが大変そうだけど、一人で食べられるしトイレも大丈夫。失敗はあるけれど。
冗談も言います。

「入れ歯はずすと可愛い顔になるね」
と言ったら、
「みんながそう言うの」
ですって。

これから、義妹と2人がかりで母をお風呂に入れます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

母、だいぶ進んでる

母の認知症がだいぶ進んで、同居している義妹のYuちゃんはかなり参っている様子。
母は生涯一度も家族と離れて暮らしたことがありません。
ケアセンターのようなところへ遊びに行く事も拒否。
気持ちの優しいYuちゃんは、今まで至れり尽くせりにお世話してくれました。
商売で忙しいYuちゃんを、母は長い間一生懸命助けて来たからねぇ。
私が横浜の実家に引っ越して、当時80才だった母と一緒に暮らそうとした時でさえ
「私がいないとが困るから」
と長野の弟の家へ行ってしまった母です。

汚れた下着がタンスにしまってあったり、
自分のウン○を踏んで歩いていたり、
前歯がとれてしまっても、歯医者拒否。
体のことや、覚えておいて欲しいことを
「Yuちゃんがあんまり言うから、思ってなくても『そうね~』って言ってるの」と言われて、
「もうお義母さん、何を言ってもダメなんだ。私を疎ましいと思ってるみたい」
とショックなようで…
困っていることが、排尿、排便、婦人科系のことなので、弟はYuちゃんに寄りかかったままで頼りない。
今、認知症の初期だからこその厄介さを抱えています。
母は頑固で家族以外は受け付けず、自分の意見を曲げません。
何でも母の望むようにさせて来た事が、今、弟夫婦を追い込んでいるような気がします。

image

郵便局に行った時に撮りました。
広い敷地のお屋敷、柿がすご〜い(o_o)!

仕事で一人 パソコンにばかり向かっていると気持ちが塞いでダメです。
以前は家族が一緒に住んでいたから、なんだかんだと気も紛れたんだけど。

最近物忘れが激しいの。
3歳の孫はいろんなことをよく覚えていて、
「あの時こうだったよね〜」
とよく言うのだけれど、私はさっぱり覚えていないことが結構あって、マジでこりゃやばいなという感じです。

やがて来るであろう自らの老いの孤独を思うと、怖くて足がすくんでしまいます。
今はそれほど孤独だとは思わないのだから、先のことを心配してもしょうがないんだけれど。

老いは誰にも平等に訪れます。
誰もが老いを見つめ、私より年をとった人もみんな普通に生きている。
みんなすごいなぁ!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

長野にて

image

弟の家の近所のナナカマドと白樺
コスモスの時期は過ぎ、
紅葉にはまだ早い北信です。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 水彩画「夏の花」2点
  • 水彩画「夏の花」2点
  • 網走から旭川へ
  • 釧路川源流カヌー下りの日
  • 生葉染め
  • 生葉染め
  • ひまわりの約束
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
メッセージ
  • ライブドアブログ