未破裂脳動脈瘤

花を買いにお散歩

退院翌日、外へ出たくてウズウズ~

庭のギボウシを摘んで玄関に活けました。

image

やっぱり花があると和みますね。

お向いさんの桜の葉がもう黄色くなり始めています。

image

しゃがみこんで落ち葉を撮る。 そんなことがとても嬉しい!

そうだ、ゆっくり歩いてお散歩しよう♪ いつも行く農家の野菜売り場に切り花があるかもしれないし。
途中、玄関先でメダカを飼っていらっしゃるお宅があります。そのメダカさんを覗かせていただくのも楽しみの一つです。お庭におじさまがいらしたので、「写真撮らせていただいていいですか?」と声を掛けると、お庭に入れてくださいました。「写真撮って貰えるなんて嬉しいなぁ」って。

image

レモンイエローのスイレンの爽やかさが私の気持ちにピッタリです。

農家さんの前まで行ってみたら切り花はありませんでした。
ちょうどおかみさんが出ていらしたので、
「お花ないんですね。 退院したばかりで、部屋にお花が欲しくて来てみたんですよ。じゃ今日はミニトマト(100円)だけいただきますね」って言ったら、わざわざ花を切ってきてくださいました。
「お代はいいよ。段々花が淋しくなってきてるけど、今、百日草を仕立てているところなの。また来てね。でも無理しちゃダメよ」って。

image

すたすた歩けば片道7・8分の距離だけど、ゆっくりゆっくり歩いたけど、やっぱ疲れた。
みんなに無理しないでねと言われます。
ちゃんと言う事聞こう!^^
暫く運転できないので孫の送迎はお休みです。
退院したらゆっくり絵を描いたり、積読になってる本を読むことを楽しみにしていたんだって思い出しました。
忘れてた (^艸^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

昨日退院しました

11時には会計と退院説明などが終わり、病棟をあとにしました。
おいしいコーヒーを飲みたくて、1階にあるカフェで久し振りのコーヒータイム!
病院のカフェなんて、作り置きのまずいコーヒーなんだろうなぁって思っていたけど、これがおいしくて満足!
一人の静かな時間を楽しみました。

image

ほどなく孫ママMちゃんが迎えに来てくれました。
冷蔵庫を空っぽにして入院したので、途中、スーパーに寄ってもらって買い出しできて助かった!
長男によると、孫ママの体調は「微妙」との事。
お迎えを頼んだことを軽く叱られました。Mちゃんはずっと自己肯定感を持てないでいると聞いていたので、
「役に立った」「お義母さんが喜んでいた」
と思えたら嬉しいかなぁと思ったのだけど、
「私、気ままにタクシーで帰りたい」
と言うのがベストな対応だったらしい。難しいなぁ。

次男は入院中、手術の日だけ来てくれました。彼は運転をしないので、仕事の合間を縫って、面会時間内に病院まで来るのは難しいってわかっていました。
帰宅したら洗濯物の山だろうな、ヨシ!洗濯するぞ!と家に戻ると洗濯物カゴは空っぽでした。
我が家は普段から部屋干しなんですけど、見てみると、なんと私のパンツやブラジャーまで洗って干してあり、「プッ(#^艸^#)」って笑っちゃいました。
入院前に着ていた最後の下着だ~ 息子に洗わせてしまった~

今、もう不愉快な症状は皆無に等しいです。
頭の右半分の頭皮の感覚がありませんが痛みもありません。感覚が元に戻るには半年位かかるらしい。
傷口はホチキスみたいなので留めてあったのですが、それを抜いてからは痛み止めも飲んでいません。それまでは傷が少し痛かった。この金具を抜く時は痛いだろうなと思ったけれど、チクチクする程度で全く平気でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

入院時に持って来た本

一番動揺していた日に助けられた本2冊。
金曜日に長男と手術の説明を受けてみたら、それまで聞いていたよりリスクが大きくてかなり動揺しました。
外出許可を取って美術館へ行った日です。
そんな時に読んだ大人の童話。

「雪だるまの雪子ちゃん」
アトリエの友人が貸してくれました。
ほんわかするお話し。

「牛をつないだ椿の木」
Sさんと神保町へ行った時、病院へ持って行く本選んで!と頼んで選んで貰った古本です。
2話しか読んでないけど、ジーンとするお話しでした。

image


それから安野光雅さんの「野の花と小人たち」に今 癒されています。

image


で、iPhoneの中の写真を見ながらこんなのを描きました。

image


絵の具は20数年前、子宮癌で入院していた時に、抗がん剤6クール、6カ月間の長期入院の予定だったので、長男が買ってくれた携帯用絵の具を持ってきました。

今日のお昼ご飯、エビと玉ねぎのかき揚げがおいしかった。

image


明日退院です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

お見舞いの事

image


今日の夕焼け、とっても綺麗で、最上階のペントハウス迄行って写真を撮りました。


どこかのブログで、病気の人へのお見舞いの仕方、声のかけ方が話題になっていました。
私は余命宣告される様な病気じゃないので違うかもしれませんが、ちょっと書いてみようと思います。


術後4日目、Rから気楽なメールが届きました。嬉しかった。
何かプレゼントしたいけど、何がいい?品物じゃなく、謎掛けみたいな抽象的な返事頂戴(^_^)って。
私の返事は、「暑さを和らげる新潟の空気」
私の返事をこねくり回してRなりにアレンジしてくれるのだそうです。
さて、何が届くでしょう?(^o^)
Rは年に1回交信するかどうかという友ですが、気を遣わなくていい、なかなか面白いおばさんです(^ν^)

術後1週間目、G子から「行ってもいいかい?」メールが届きました。G子は自分の娘さんの介護が大変でそれどころじゃない筈なのに。指定されたのが憂鬱な検査の日だったので断わったけど、気持ちが嬉しかった。

昨日は、私が「もう来ていいよ」と言ったので、孫ママが孫を連れて来てくれました。
スムージーとコーンスープを持って。長時間になると疲れる間は来なくていいと長男を通じて伝えてあったのです。でも彼女は彼女なりに一生懸命なんですね。私の気持ちとしては、私の事より、孫の事をちゃんとやってと思うのですが。

他にもメールで短いメッセージを届けてくれた方もいらして嬉しかった。
普段の付き合いの濃さじゃないんだと思います。

音沙汰なかったのはSさんと弟。
「そんなもんなんだー‼︎
アァ、わかったヨ ψ(`∇´)ψ!」
ってカンジ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

術後8日目

手術から8日経ちました。
イヤ〜な検査も昨日クリアーして、かなり復活しています。
もう管も全部はずれて、シャワーも自由、下階のコインランドリーに通うのも、1階のコンビニに一人で行くのもOKです。

術後は顔がパンパンに腫れてました。
でも痛みは全くなくて不思議(^o^)
看護師さん曰く「きっと必死だったのね」

そんな苦しい中、長男が来てくれて、そばの椅子にどっかり座ってる。顔が腫れて口が開かないからろくに会話もないけど、それが温かくてありがたくてね、思春期の男の子2人を女親一人で育てるのは滅茶苦茶大変だったけど、なんか今報われてるなぁってしみじみ思いました。

image
手術前に撮った空


image

今日の朝ごはん


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

外出許可をもらって

土曜日は外出許可をもらって上野の東京都美術館へJPS(日本写真家協会)展を見に行きました。
かつては私も公募展に積極的に応募していましたが、その中でもJPSの作風が一番好きでした。
フィルムの時代から、誰もが気軽にデジタルで撮る時代になって、撮られる写真も変わってきています。若い世代の感覚に触れると「あぁ、こんなのも有りかー!」「私も年だな〜」って思います。
所属している写真倶楽部は年配の方が多いので、学ぶところは学びながら、迎合しないように気をつけてはいるんですけど、もっと自分を信じなくては!と今回も思いました。

上野。4月に孫と動物園に来た時、楽しかったなぁ。物凄く疲れたけど、なんて幸せだったんだろう。孫には本当に沢山の幸せを貰っています。

行きたいところが沢山あったのに疲れてしまって、気分も乗らなくて、何となく足は病院のある町ではなく地元に向かいます。
駅前で全身のマッサージをしてもらってリラックス(^_^)

病院から駅の往復はiiPhoneで写真を撮りながら遊歩道をお散歩気分で歩きました。

image


image


image


image


道々摘んだ野の草。
脳外科病棟は生花禁止なんですって(^_^;) 知らなかったー
今は元気な患者さんの部屋なので、一日だけ許して下さいました。

明日は手術。明日からしばらくブログはお休みします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

映画「あん」

入院2日前の夜、映画「あん」を見て来ました。

樹木希林さんが好きなんです。
ロケ地が私の良く知る土地だという事も 興味をそそりました。

桜や青葉を見上げながら、丁寧にあんこを炊く。世俗のすぐ脇に、爽やかな風と 穏やかな時間が常に流れて心休まる映画でした。
そして物凄く嬉しかったのは全生園が物語の重要な舞台になっていること。
監督さん、よくぞ作ってくれました! 

全生園はかつてハンセン氏病の強制隔離施設だった病院です。子どもをもうけることができなかった患者さん達が我が子のように植え育ててきた桜の古木に花が咲くとそれは見事です。
広い敷地に、木造の長屋の様な家が沢山並んでいます。数年前までは、庭が手入れされて花が咲き、洗濯物が干してあり、人が生活している温かさがありました。それが年々ひっそりとしてきています。患者さんが高齢になって住む方が減っているのだと思います。
訪れる度に、ここの記憶を残さなくてはと思ってきました。

image

2年前の春

image


 
話しは変わって、今日入院しました。

image
 
主治医や麻酔医の説明を聞きに長男が来てくれました。
思ったよりリスクは大きい!でもここまで来たらもうしょうがない。
あとはすごく暇‼️

今日の晩ご飯は海老フライ

image

足りないよ〜(^^;;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

入院を控えて

とっても忙しく過ごしています。
明後日、金曜日に入院します。
パジャマを沢山用意しました。できる限り何でも自力でやりたいので、洗濯は下の階のコインランドリーを使います。術後何日目からできるかな。
髪のカットとカラーをしました。
家庭医に行って、時々服用している睡眠導入剤と肩こりの薬一式(4種類)をいただいて来ました。
留守中、次男が一人になります。困らないように、ティッシュペーパーや石鹸、シャンプーなどのストックを補充。
写真倶楽部のメンバーでもある写真やさんに、定例会に出す作品を託しました。
図書館に本を返却。
まだ片づけていなかったストーブ2台を掃除。

そんなことしててもどこかへ行きたくてウズウズします。
美容院で見た雑誌に美術展の案内がいくつか載っていました。行きたいなぁ。どれも7月20日位までの会期です。順調に行けば退院後行けるかなぁ?

なんでこんなに何かしたくてたまらないんだろう。
思えば亡き夫も、病気が進行しているのにやたら活動的で、運転手兼介助者の私の方がクタクタになっていましたっけ。
ふと最初の夫が経営する会社が倒産する直前の気持ちを思い出したりもします。
これから何が起こるのか想像もつかなくて、何かとても恐ろしいことが始まるような気がして、でも一方で他人事のような気もして、地に足が付かない気持ちでした。
中小企業の倒産劇は、開頭手術なんかよりもずっと大変でした。
若かった私、よく頑張ったなと思います。母は強いですね。

孫を幼稚園に迎えに行った帰り、一人で多摩湖の堤防へ行ってみました。

image

水のある夕景はいつ見てもきれい!

image

薄暮。 心癒される時間です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 水彩画「夏の花」2点
  • 水彩画「夏の花」2点
  • 網走から旭川へ
  • 釧路川源流カヌー下りの日
  • 生葉染め
  • 生葉染め
  • ひまわりの約束
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
メッセージ
  • ライブドアブログ