母はもともと信じられないくらい自分中心に世界が廻っている人です。
その母のタガが外れてしまったのですから、周りの人間の事など考える筈もなく、
年寄りだからやって貰って当然とばかりに、自己主張しまくっています。
家族には家族の生活があるとは思いつきもしないらしい。

とは言え、体が思うようにならずに、生きている事が辛そうで可哀想です。
いずれ我が身だと思いながら接して来ました。
年を取る事は辛い事ですね。
あんな姿を目の当たりにすると…
まだまだ認知症としては初期だと思うのですが…
自分自身は程々のところで終りを迎えたいと切望します。
そして、残りの人生があとどの位だろうと指を折り、この少ない時間に何をしようかと改めて考えます。
大切に生きたいと思う一方、あたかも人生が永遠に続くがごとくに淡々と生きるのもいいと思います。



東京へ戻る日は早めに弟宅を出発し、気の向くままに歩きました。

400-2014年02月 071

うさぎの足跡? 崖の淵で急ブレーキ!方向転換(笑)

400-2014年02月 059

これもうさぎみたいだけど、写真でわかるでしょうか?

400-2014年02月 089

なんでしょう? 尻尾を引きずっている小動物みたい。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村