アドバイス

水彩画で尾道を描く

image


尾道のカフェで撮った写真を元に描きました。
レトロな雰囲気の部屋の中と、爽やかな風が吹き渡る空気を描きたかった。

自分がどんな作風の絵を描きたいのかわからずに模索中です。
黙って黙々と描いて、ちょっと息を抜いた時に、その時の心持ちや迷いをぼそぼそと先生に話してみます。先生は私の言葉を一度引き取って、しばらくしてからアドバイスをくださいます。
それぞれの生徒さんへの、それぞれに合ったアドバイスを聞いているだけでも勉強になります。
次に描く事へのエネルギーになります。
ありがたい!

アトリエの傍にオープンしたばかりの居酒屋でランチをいただきました。
 
image

まるまる太ったサンマ!おいしかった。

孫ママの体調が悪くて、今夜からまた孫を預かっています。
春とともに、ママの体調が回復しますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

雨上がりの朝

昨日の朝、雨上がりの雫が朝日にキラキラ輝いて、思わずカメラを持って外に出ました。
我が家から片道200歩圏内のお散歩です。 

400-2013年10月 111


400-2013年10月 007

すっかり朱くなる1歩手前のピラカンサは宝石みたい。

400-2013年10月 008

 ハナミズキの実。

400-2013年10月 041
 
ヘクソカズラの実。

400-2013年10月 033

蜘蛛の巣。
肉眼では虹色に光っていました。

400-2013年10月 057

G子から8ヶ月振りに電話がありました。
G子にはうちの次男と同い年(37才)の娘Nちゃんがいます。Nちゃんは運動神経を司る小脳の難病で、どんどん進行してG子が24時間介護しています。
今年の2月には私と一緒に出かけることもできたのに、もうゴミを捨てに行くだけでも「お母さんだけ外の空気を楽しめていいわね」と言われるのでどこにも出掛けられないと言います。
そうやって2人きりの生活で親子ともどもストレスを溜め喧嘩ばかりしているようです。
そして昨夜は「このままでは娘を殺してしまう」と助けを求めプチ家出をして来ました。
「ごはんはいらないと言われたので、食べられる物だけは置いて来た。手掴みででもなんでも食べたかったら食べるでしょう。」
「家の中ではいざって動けるし、お漏らししても何とかするでしよ!」
という調子です。
上手に福祉の力を借りた方がいいとアドバイスはするのですが、G子にはG子の考えがあるようで・・・
一昨々日は電話で3時間半話しました。
昨日はファミレスで5時間。
これから先、どんな関わり方をして行けばいいのか・・・
長男には「依存されたら責任持てないからあまり関わるな」と言われてしまいました。
困った。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
ギャラリー
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 孫との長い2日間
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • 最近見た空
  • アンリ・ルソーに会いたくて
  • アンリ・ルソーに会いたくて
  • アンリ・ルソーに会いたくて
  • 小旅行みたい
  • 7月のクロッキー(2018年)
メッセージ
  • ライブドアブログ